ホームページは集客だけでなく「求人」に役だつ?

今日は、新人採用に悩んでいるリフォーム会社様からの相談でした。

「求人広告やいろんなサイトに求人情報の掲載をしているけど、全く採用できない。ハローワークからの求人はイマイチ相性が合わない」という相談でした。

今の時代、特に若い方は、求人広告やSNSで企業の採用情報を見つけ「給与」、「福利厚生」、「休日」等の条件が合う会社だった場合、その後何をするのか考えてみてください。

当たり前のように手元のスマートフォンで、会社のホームページを探し、存在や場所、雰囲気、社長の想い、先輩社員の様子など求人情報サイトや募集要項には掲載されていない部分を確認します。

まず、この時点で、ホームページがない状態では、ホームページを活用している他社と比較して比較される土俵にも上がれていない状態である事に気づいていただけるでしょうか。

もちろん、ホームページだけでなく、もっとリアルな日常をうかがえるインスタグラムやfacebook等のSNSが更新されているとなおよいと思います。

就職活動をしている方は、応募する前にできるだけたくさんの企業情報(募集要項の内容以外も含む)を確認したい、と思うのは当然の事であり、企業としては採用したいのであればその確認したがっている情報をインターネット上に掲載しておく事が大切なのです。

「うちは消費者に直接商品を販売してないからホームページでの集客は不要」、と考えられている経営者の方!ホームページは集客だけでなく“採用活動”にも大きな役割をしてくれますよ。

会社のコンセプト、社長の想い、欲しい人材、が明確になってますか?
これらの情報を、ホームページに掲載するだけで、今使われている求人広告の費用対効果が上がる可能性があります。

実際に働いている先輩社員さんの声などが顔つきで掲載されていれば、なおよいかと思います。

せっかくの求人広告費です。少しでも効率よく改修できるようにホームページを立ち上げ、(見直し)して企業情報をインターネット上に掲載をしてみませんか?

HPが無いと、集客や問い合わせが目的でなくても、採用率が悪くなったり、採用できたとしても、会社として欲しい人材にマッチしないケースが出て来てしまいます。

弊社クライアントの工務店さんや防水工事会社さんなどでも求人目的でホームページを制作されましたが、どうやら大きな求人広告を出すことなく順調に採用できているようですよ。
ただ、即効性はなく運用開始から1年程度はかかる可能性があるのでコツコツ地道に更新していきましょう。

集客の事だけでなく、求人に関することも弊社にご相談ください。
ネットでの広報活動の、根本的な所に、不満の原因がある事もありますよ^^

関連記事

PAGE TOP